フロアコーティングの歴史

フロアコーティングの歴史が解る

今話題のフロアコーティングを年鑑でご紹介

  塗料の主剤 [概要]  フロアコーティングの移り変わりを説明します。
1990年 油性系
ウレタンコーティング
フロアユートンという玄々化学の塗料が床材によく使用される
  フロアコーティングの歴史 1960年代にプレハブ住宅メーカーがどんどん増え、それと同時に室内の床材は畳からフローリングが締める面積が増え始めた。フローリングが定着し始めた1970年代にはワックスを床に塗り、フローリングの美観を保ったが、耐久性を上げる為の工夫として1990年にはフロアコーティングが登場する。
2003年 水性系
ウレタンコーティング
この頃VOCに対する規制の為、塗料メーカーも必死に水性系の塗料に力を注ぐ。
  フロアコーティングの歴史 この頃から飛躍的にフロアコーティングの会社が増える。低臭で耐久性のある水性ウレタンの開発が進む。
ホルムアルデヒド排除し、トルエン、キシレンも含まない、より低臭のコーティング剤の開発が進む。
水性1液性のウレタンや水性2液のウレタンが各塗料メーカーが力を発揮する。
2004年 油性
シリコンコーティング
弾性力があり、肉厚感、撥油性と画期的な塗料の革新時代の幕開け
  フロアコーティングの歴史 フロアコーティングとインターネットで検索すると全国展開の会社が軒並み!
インターネットの普及により、エンドユーザーは建設会社や販売会社に頼らず、独自でフロアコーティング会社を探す。それと同時にSEO対策に力を注ぐコーティング会社が多くなる。
2005年 UV
コーティング
紫外線を照射して瞬時に塗膜を硬化させる技術がフロアコーティングにも応用される
  フロアコーティングの歴史 この頃からフランチャイズや代理店の業者が増える。
2008年 ガラス
コーティング
フロアコーティングの普及率のアップとともに革新的なコーティング剤が開発された。塗膜の硬度が今までにない性能であるため、既にUVなどの高い機材を購入しフランチャイズや代理店の加盟済みの業者にとっては脅威すら感じた。
2015年 フロアコーティングの歴史 フローリングの言えば「シート材」・「EBコート」といったフィルムに特殊な加工された材質が新築のマンションではほぼ9割の物件で使用されている。いわゆるワックスフリーと呼ばれる材料です。最近ではフローリングとの密着が悪く、剥がれが生じるケースが多発しております。安易な施工方法や経験だけではもはや追随できない分野になっています。くれぐれも慎重に業者選びをしてください。